オペラ座の怪人 DVD

ホーム

オペラ座の怪人 DVDへようこそ!

オペラ座の怪人が大好きな管理人がお届けする「オペラ座の怪人FAN」へようこそ!

オペラ座の怪人は、フランスの作家ガストン・ルルーによって1910年に発表された小説です。

映画やテレビ映画、ミュージカルなどが、多くの作品が創られています。

また、使われている音楽もどれも素晴らしいですね。

当サイトでは、オペラ座の怪人 DVDのほか、最新情報やオススメの書籍やグッズをご紹介しています。

どうぞゆっくりご覧下さい!

チケットぴあ


日本版DVD

オペラの怪人 (ベスト・ヒット・コレクション 第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]

オペラの怪人 (ベスト・ヒット・コレクション 第9弾) 【初回生産限定】 [DVD]



一度見てみて下さい!
半世紀前の作品ですが、カラーで映像もかなり綺麗です。オペラ座の内部のセットは本物と見間違えるぐらいの出来で、リアルに仕上がっていると思います。ガストン・ルルーの原作や、最近話題のミュージカル版とでは少しストーリーが異なっていますが、これはこれで楽しめる作品です。ただ、全体の構成として、怪人やクリスティーヌの想いがあまりこちらに伝わってこなかったのが残念なところでしたので、星3つにしておきます。


海外版DVD

The Phantom of the Opera [DVD] [Import]

The Phantom of the Opera [DVD] [Import]



元祖「オペラ座の怪人」
 名優ロン・チャニーが演ずる傑作ホラー活動写真『オペラ座の怪人』がビデオで楽しめます。サイレント映画で白黒映画なのに、この迫力は素晴らしい限りですね。特殊メイクの巧みさからロン・チャニーが「千の顔をもつ男」と呼ばれたのも宜なるかな、と納得させられる名作です。1920年代、我が国で言えば大正時代末期の雰囲気が伝わって来るステキな作品でしてヨ。




本 日本書

ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)

ファントム〈下〉 (扶桑社ミステリー)



一人の男、一人の人間として…
「オペラ座の怪人」の、波乱に満ちた人生の後半生を描いた下巻。

上巻と同様に、数人の「一人称」で語られています。まず、上巻から引き続き「ペルシア人」ナーディルが、スルタンの宮殿での危険と退廃に彩られた生活を語り、その後、原作・ミュージカルの舞台となったパリ・オペラ座に移ってからは、エリック本人とクリスティーヌの二重唱で愛情と恐怖の葛藤が狂おしく語られ、そのまま激情のクライマックスへ、そして、クライマックスを美しく彩るエピローグでは、年老いたラウールが静かに語ります。

目次を見た時には、「なぜ締めくくりが恋敵のラウール?」と思いましたが、読めば、彼にしか語れないということが、そして、彼が語るから、切なさが一層深まっているのだということが、よく解ります。

私は、映画の「オペラ座の怪人」を見た後にこの作品を知ったのですが、ジェラルド・バトラーはこの本を読んだのかしら?と思うくらいに、イメージが重なりました。(当時は原書が絶版状態でしたから、読んだ可能性は低いです。とすれば、ジェリーの理解力・表現力は凄い!)



「悪魔」「天才」「化け物」「天使」「幽霊」「怪人」…様々に呼ばれ、畏怖の対象であり続けたエリック。でも、彼は一人の人間なのです。愛し、愛されたいと願う、一人の男なのです。その才能と容姿から、時にはファンですら忘れそうになるこの単純なことを、この本は丁寧に描いています。虐げられ、裏切られて、心をずたずたに引き裂かれながら生きてきた一人の孤独な少年が、人として、最後の最後に幸せを手に入れられた時、誰もが涙せずにはいられないでしょう。


本 洋書(ハードカバー)

The Angel of the Opera: Sherlock Holmes Meets the Phantom of the Opera

The Angel of the Opera: Sherlock Holmes Meets the Phantom of the Opera

楽譜

"Phantom of the Opera": for Piano, Voice and Guitar


当サイトについてと免責事項
  • オペラ座の怪人 DVDは個人で運営しているサイトです。
  • 当サイト内の掲載情報をご利用された際に発生した、いかなる損害・トラブルについても、一切の責任を負いかねますのでご容赦ください。